OSAKA心血管エコー研究会公式ブログ    HP: http://osakacvecho.com

当会は超音波技術と知識の習得を目的とした研究会で、 実地臨床にすぐに役立てることができるセミナーやカンファレンス形式の自由参加型の勉強会です。

令和元年 OSAKA心エコー研究会始動

令和元年5月16日(木)にOSAKA心エコー研究会が開催されました。

多数のご参加を頂き、誠にありがとうございます。

 

今年度テーマですが、「OSAKA心エコー研究会のセブンルール、幹事がいつもしている7つのこと」です。会の前半は、研究会幹事が疾患ごとに注意点や要点を7つにまとめて講演を行います。

 

後半はグレーゾーンに迫る!症例パネルディスカッションです。症例を提示し、研究会幹事とともに病態などを一緒に考えながら学ぶことができる講演です。

 

次回の開催は6月27日(木)に開催予定しております。

多くのご参加をお待ちしております。

 

f:id:osakacvecho:20190601173546j:plain

心房細動のセブンルール 大阪中央病院 山本先生

 

f:id:osakacvecho:20190601173542j:plain

グレーゾーンに迫る!症例パネルディスカッション 桜橋渡辺病院 橋口先生



* 今年度より研究会の名称を「OSAKA心エコー研究会」に変更致しました。

 

今年度最後で平成最後の研修会終了!特別講演無事終了しました!

今年度最後で平成最後の研修会終了!特別講演無事終了しました!

 

今回は会場を関西医科大学南館臨床講堂に移し「平成30年度特別講演」を開催しました.

特別講演は国立循環器病研究センター 泉 知里 先生にお越し戴き,

「大人になった先天性心疾患のエコー診断」をご講演戴きました.

大変解りやすく,非常に勉強になりました.

あまり教科書には載っていない内容をお聞きすることが出来て大変勉強になりました.

有り難うございました!

今回の参加は80名程戴きました.ご参加戴いた先生方有り難うございました.また,次年度も一緒に勉強しましょう.ご参加お待ちしております!

                               小谷敦志

f:id:osakacvecho:20190216170911j:plain

f:id:osakacvecho:20190216165411j:plain

 

平成30年度 第4回 (通算202回)の開催について

9月6日(木)の研究会ですが、開催を予定しております。

交通機関の乱れが発生している可能性がございますので、

お気をつけて、ご参加頂けますようによろしくお願い致します。

 

<注意事項>

開始時間が18:20からになりました!
また,今年度から会場と会費が変更になっておりますのでご注意下さい!
会場の大阪結核予防会につきまいて19時になるとオートセキュリティーのため、
会場入口が開かないことが発覚しました。
19時以降のご参加となってしまった場合、
にお電話いただき、「OSAKA心血管エコー研究会に来た」とお伝え下さい。
スタッフが入り口までお迎えに挙がります。
 
*内部からの人の出入りがないと扉は開きません。
ご協力よろしくお願いいたします。

OSAKA心血管エコー研究会 200回記念講演

2018年 6月28日(木)にOSAKA心血管エコー研究会(通算200回記念講演)が大阪府結核予防会8階会議室で開催されました。当日はFIFA W杯 第3戦にも関わらず、多数のご参加を頂き有り難うございました。

 

1992年から開催されてきた研究会は、26年をかけて200回の節目を迎えることができました。これもご参加頂いたソノグラファーの先生方のお陰です。

 

また講師の先生方、幹事の先生方、そして何より発起人である椿森先生・浅岡先生のご尽力によるものです。

 

今後も研究会を通じて、正確な超音波検査を行えるように努力していければと考えております。

 

<200回記念講演>

演題:川崎病を超音波で診る 八尾市立病院 浅岡 伸光 先生  

川崎病について近年増加傾向であることや冠動脈描出のテクニック・Z score projectなどについてご講演頂きました。冠動脈は非常に小さくゲインの設定を低くして計測するなど大変勉強になりました。

 

演題:visual echoを検証する ハイメディッククリニックWEST  椿森 省二 先生

昨年度の研究会から開催してきたvisualシリーズについて、動画を供覧しながら考えられる疾患・計測値・問題点などについてご講演頂きました。収縮能の低下した心不全症例ではvisualでは限界であり、心拍出量計測の重要であることなど大変勉強になりました。

 

 ご参加を頂いておりますソノグラファーの先生方、今後もOSAKA心血管エコー研究会を何卒宜しくお願い致します。

 

OSAKA心血管エコー研究会 幹事一同

 

f:id:osakacvecho:20180628184432j:plain

浅岡先生

f:id:osakacvecho:20180628191630j:plain

椿森先生

f:id:osakacvecho:20180628191551j:plain

会場写真

OSAKA心血管エコー研究会(特別講演)開催報告

10月14日(土)に開催したOSAKA心血管エコー研究会特別講演が無事終了致しました。土曜日開催・天候不良の中、多数のご参加頂きありがとうございました。今年度の研究会テーマは「エコー診断は見た目が大切!」で、特別講演では下記の4演題のご講演を賜りました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
演題1 症例発表 再発を認めた左房未分化多形性肉腫の1例
演者  関西労災病院 岩永 大 先生

演題2 僧帽弁位人工弁置換術後早期に人工弁機能不全を呈した1例
演者  桜橋渡辺病院 橋口 遼 先生

演者3 スーパーソノグラファーがエコーで診断した症例
演者  近畿大学医学部附属病院 谷口 京子 先生

演者4 犯人は心臓か,それとも…TRPGが上がる理由
演者  徳島大学 循環器内科 山田 博胤 先生
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
演題1 
岩永先生の講演では、左房未分化多形肉腫の一例を報告頂きました。短期間での再発症例で腫瘤形状・内部性状・付着部位などエコーで観察する項目をご説明頂きました。

演題2
橋口先生の講演では、僧帽弁置換術後早期にパンヌス形成・狭窄に至った症例でした。左房側にPISAが形成されている珍しい症例で、弁置換後のエコーでの評価ポイントについてご発表頂きました。

演題3
谷口先生の講演では、収縮性心膜炎(CP)について病態や評価方法を詳細に説明頂きました。吸気時に静脈圧が低下しないKussmaul徴候や心室圧曲線のdip and plateauパターンなど大変勉強になりました。

演題4
山田先生の講演では、「犯人は心臓か、それとも...TRPGがあがる理由」と題して肺高血圧やTRPG測定の注意点、アプローチ方法など大変勉強になる内容でした。また山田先生の楽しいご講演で笑顔が多い会場でした。

山田先生には演題1〜3についても医師の対場からコメントを頂き、勉強になりました。感謝申し上げます。

今年度の研究会は残り2回となりました。幹事一同、多くの方に参加頂き、活発な討論が行われる会に盛り上げていきたい所存ですので、今後も何卒宜しくお願い致します。

大阪中央病院 山本

f:id:osakacvecho:20171014200954j:plain

講演会後の懇親会での様子(ニューミュンヘン本店)

平成28年度 第2回 OSAKA心血管エコー研究会盛会理に終了

第2回平成28年度 第2回 OSAKA心血管エコー研究会盛会理に終了しました!今年度から大阪中央病院(梅田)にて開催しております.現在,以下の内容が終了しております.第1回,第2回とも会場は満員御礼で,特に第2回は机の数を減らし椅子を増やしましたが,初列も埋まほどのご参加をいただきました.

 今年度テーマ 『ピットホールから学ぶ心エコー図』

第1回 平成28年5月26日(木) 18:30 ~ 20:00

演題1 左眼の見えにくさを契機に発見した乳頭状線維弾性腫の一例  18:30~19:00

                     演者:木村 尚貴 先生  大阪労災病院 中央検査部

演題2 好酸球増多症と心筋病変  19:00~20:00          

                     演者:山本 哲志 先生  神戸大学医学部附属病院 検査部

第2回 平成28年6月17日(金) 18:30 ~ 20:00

演題1 僧帽弁逆流に合併した片側性肺水腫の一例  18:30~19:00 

                     演者:山本 真大 先生  大阪中央病院 中央検査部

演題2 僧帽弁逆流の評価法  19:00~20:00

                     演者:藤田 晋一 先生  山陰労災病院 中央検査部長

 

今年度から,代表幹事が変更になり,企画や講師,受付を含めた幹事も拡充することとなり,大変意義のある研究会となっております.第2回で行ったアンケート結果と会場の写真を以下に添付します.このように,当会は5年以上経験者の方が多いと言うことが解り,幹事一同気が引き締まる思いです.中級者が多いことは当会の基本理念であるので個人的には嬉しいですが,今年から初心者の方でも理解しやすいよう,ご講演後のディスカッションでは,たっぷりの時間を使って解説を加え行っております.難しい内容があるかとは思いますが,何度も聞くうちに理解できるようになると思いますので,多くの参加者のお越しをお待ちしております.

次回は開催は以下です!

第3回 平成28年7月7日(木)  18:30 ~ 20:00

演題1 虚血性心疾患精査を契機に発見されたCalcified Amorphous Tumor (CAT)1 18:30~19:00                   演者:山岡 誠 先生   桜橋渡辺病院 検査科

演題2 臨床に役立つASの評価法  19:00~20:00 

                        演者:岩永 大 先生   関西労災病院 中央検査部

後期は9月からの開催となります.メール会員登録者には案内を送信いたします!

今年度より旧メール会員を斬新する目的で,新メーリングリスト作成のためのメール登録を新規作成しております.そのため,今年度初めてお越しになられた方々には会場にて新規にメール登録をお願いいたします.ご協力宜しくお願いいたします.

 

f:id:osakacvecho:20160629214544j:plain

f:id:osakacvecho:20160629214313j:plain

f:id:osakacvecho:20160629214419j:plain

第8回心血管エコーハンズオンセッション2016盛会理にて終了!!

遅くなりましたが,去る2016年3月6日(日),大阪府医師共同会館にて第8回心血管エコーハンズオンセッション2016が開催され総参加者数は前年を上回る183名いただき,盛会理に終了することができました.ご参加いただきました受講者の方々有り難うございました.また,装置展示協賛いただきましたメーカーの方々有り難うございました.また,講師の先生方1日中お疲れ様で御座いました.この会にお越しになられた皆様方に厚く御礼申し上げます.昨年に引き続き症例ライブというこの会が元祖の企画です.実際の疾患に基づいたプレゼンを行い,その評価法を実際にライブを行い解説,最後にはレポートを作成するといった内容です.同じ部屋で3ブースとしたため,どうしても隣の声がうるさいとの声がありましたので,来年は別部屋での開催といたしますことをお約束いたします.今年も受講者にアンケートを行いました(以下添付).ルーチンライブとハンズオンセッション併せて,昨年に引き続き満足度100%いただき,講師共々この上ない喜びを感じております.私も企画冥利に尽きます.有り難うございました.今回参加できなかった方々,来年も同じ時期に企画しておりますので奮ってご参加下さい.この度は本当に有り難うございました!!

f:id:osakacvecho:20160629212057j:plain

f:id:osakacvecho:20160629212215j:plain

f:id:osakacvecho:20160629212227j:plain

f:id:osakacvecho:20160629212235j:plain

f:id:osakacvecho:20160629212248j:plain